美容系の魅力はここ

美容系クリニックには皮膚科と外科との2種類ありますが、どちらも利用するのは健康的な人たちであり治療というよりは。美容目的ですからまさにヒーリングサロンです。一般クリニックのような残業はありませんしICUや救急なども無論ありません。

その分一般クリニックのように夜勤や過激な忙しさもなく、むしろ営業や接客業に近いですから一般クリニックの激務に耐えてきた看護師にとって、これほどのんびりとしていて楽な職場はないと感じるはずです。美容系クリニックの魅力も実はその辺にあるのです。

看護師はほかの職業と比較しても高給取りであることはよく知られていますが、それらのほとんどは夜勤業務に参加することで得られています。ですから家庭があり子育ての真っ最中にある人の多くが家族からの協力を借りて業務を遂行出てきているわけです。

美容系クリニックに転職すれば夜勤という重圧から解放されますから、家事との両立に苦しい思いをしていた人には大変ありがたいに違いありません。それでなおかつ報酬も高いですから生活水準を落とすことなく看護師を継続することができるのです。通常の看護師業務とはかなり毛色が違う世界ですから、最初は戸惑うかもしれませんが慣れてしまえばよいのです。

 

美容系向きはこんな人

一般クリニックから美容系クリニックへ転職してみて最初に覚える違和感の一つは、これまでのキャリアとは全く異質な世界であるということです。夜勤などの激務をしなくても高い報酬を得られるのは良いとして、これまでは必要なかった接客業のこつを身につけなければならなかったり、美容系クリニックならではの美しくなるためのノウハウを新たに覚えなければならなかったりなど、興味ないと重荷になるかもしれない事がらも学ぶことが大好きな人なら、多くを楽しみながらクリアできることでしょう。

キャリアへの捨てがたいプライドをいったんわきに置いて、お客様に少しでも当院のサービスを利用してもらうように働きかける事も、これまでとは全くま逆をいくような作業になりますが一人でも利用あるいはご指名をいただけるようになれば、その分自分の利益につながっていきますから、そこにやる気を見いだせるようなら長続きできるはずです。

転職する際にも過去のキャリアがまったく無意味ということではなく、実績を高く評価するクリニックもありますから看護師から美容系クリニックへの転職は十分あり得る事です。お客様を美しくするスタッフが美容に無頓着でいるわけにいきませんから、自分も一緒に美を追究しようというこだわりがあれば、なおのこと仕事にやりがいを見つけることができるはずです。

看護師と美容系転職

今回は看護師の転職で美容系クリニックへの転職についてのお話です。看護師は“白衣の天使”と異名をとるように心も体も深く傷ついた人たちに寄り添い、治療のサポートに深く関わっていく職業の代表的な存在です。当然ながら現場は想像を絶するほど過酷で生々しいものがあり神経もかなり使います。そのようなところから汚い・きつい・危険の3Kの職場だと皮肉が飛び出す事もあるほどです。

しかし看護師も生身の人間ですから感情もあれば家族もいますし、常時天使のような笑顔を浮べて働くには限界があると言われてもしかたありません。現実問題看護師1人当たりの報酬は一般ビジネスマンよりも高給ですし、100点満点ではないにせよ過酷な労働に似合った報酬は与えられていると思えるのですが、それでも退職していく看護師が多いのは金銭的な事情ばかりではないという事も意味しています。

かような看護師の間で近頃ちょっとした異変が起きているのです。一部の看護師の間で美容系クリニックへの転職を希望する看護師が増えているのです。美容系クリニックとは言うまでもなく一般皮膚科ではなく美容整形や美容皮膚科など美容目的の病院ですから、対象はどちらかといえば健康な人たちですから審美的な意味合いが強くなります。

看護の対象を病人から健康的な一般人に乗り換える感覚は、どのようなものなのでしょうか。当然一般診療にはない要素が多いはずですし単純に移動するだけという単純なものではないはずですから、そういった詳細までしっかりリサーチした上で、転職に挑戦することが美容系クリニックへの転職を成功へ導く鍵である事は知っておくべきです。