看護師と美容系転職

今回は看護師の転職で美容系クリニックへの転職についてのお話です。看護師は“白衣の天使”と異名をとるように心も体も深く傷ついた人たちに寄り添い、治療のサポートに深く関わっていく職業の代表的な存在です。当然ながら現場は想像を絶するほど過酷で生々しいものがあり神経もかなり使います。そのようなところから汚い・きつい・危険の3Kの職場だと皮肉が飛び出す事もあるほどです。

しかし看護師も生身の人間ですから感情もあれば家族もいますし、常時天使のような笑顔を浮べて働くには限界があると言われてもしかたありません。現実問題看護師1人当たりの報酬は一般ビジネスマンよりも高給ですし、100点満点ではないにせよ過酷な労働に似合った報酬は与えられていると思えるのですが、それでも退職していく看護師が多いのは金銭的な事情ばかりではないという事も意味しています。

かような看護師の間で近頃ちょっとした異変が起きているのです。一部の看護師の間で美容系クリニックへの転職を希望する看護師が増えているのです。美容系クリニックとは言うまでもなく一般皮膚科ではなく美容整形や美容皮膚科など美容目的の病院ですから、対象はどちらかといえば健康な人たちですから審美的な意味合いが強くなります。

看護の対象を病人から健康的な一般人に乗り換える感覚は、どのようなものなのでしょうか。当然一般診療にはない要素が多いはずですし単純に移動するだけという単純なものではないはずですから、そういった詳細までしっかりリサーチした上で、転職に挑戦することが美容系クリニックへの転職を成功へ導く鍵である事は知っておくべきです。